メインイメージ

コエンザイムQ10の点滴・注射

「コエンザイムQ10の点滴・注射」

コエンザイムQ10は元々カラダの中に存在している成分ですが、年齢とともに体内で生成される量は少しずつ減少していきます。
これはコラーゲンなどと同じです。
コエンザイムQ10には、抗酸化作用とエネルギーを作り出すという2つの作用があります。

年齢に負けずにいくつになっても、健康で若々しくあるためには体の中からあふれるエネルギーも必要ですね。
特に何をするというわけではなくても、普通に息をしているだけでもエネルギーは消耗します。
これは基礎代謝と言いますが、生きるためには欠かせない機能です。
コエンザイムQ10は食事で補うこともできますが、吸収率を考えるとサプリメントや健康補助食品の方が優れています。

しかしコエンザイムQ10を補う方法は他にもあります。
コエンザイムQ10の点滴や注射という方法です。
主に美容目的(アンチエイジング)で行われます。
注射や点滴なので病院でなければ行えません。
注射も点滴もサプリメントや健康補助食品と比べた時、吸収率に優れているので効果を実感しやすいのが特徴です。

注射の場合は1回だけでは十分に効果を実感できないので、週に1回のペースで数回行います。
筋肉注射なので少し痛みは感じます。
点滴は注射よりも少し時間がかかりますが、ゆっくりと体に浸透していくので負担という意味では点滴の方が少なく済みます。
コエンザイムQ10だけというよりは、ビタミンなどほかの成分も一緒に点滴液の中に含まれることが多くなります。

どちらも美容目的なので保険が適用されません。
病気の治療目的で使用する場合は、保険適用になることもあります。
自由診療の場合費用は各クリニックや病院で違うので、直接問い合わせるかクリニックのホームページで調べておくと安心ですね。
大抵の場合コエンザイムQ10注射をしているところなら点滴も対応してもらえますので、どちらの方法が自分に合っているかよく検討してから決めていきましょう。
ダイエット目的の場合、両方行うこともできるようですね。
また、こちらのサイトでは吸収率約13倍スーパーコエンザイムQ10について紹介していました。参考になさってみてください。

トップに戻る