メインイメージ

コエンザイムQ10フェイスパックの効果や使い方

細菌は、コエンザイムQ10のローションフェイスパックが売られています。

コエンザイムは補酵素なので、酵素を助けるイメージが強いでしょう。
酵素を摂りつつ、コエンザイムQ10を摂取して効率を上げるという方法がスタンダードです。
では、フェイスパックにはどのような効果があるのでしょうか。
そもそもフェイスパックにもいろいろな種類があります。

プラセンタエキスが入っていたりコラーゲンが入っていたりします。
主成分の異なるフェイスパックはそれぞれ効能も違います。
自分のお肌の状態にあったものを使うことが大切です。
コエンザイム!Q10のフェイスパックは、疲労がたまっていて、肌にはりがなくなっていたり、くすんでしまっている時に効果的です。
アンチエイジングの成分がお肌に浸透して、つやのある生き生きしたお肌へとよみがえらせてくれます。

コエンザイムQ10の浸み込んだフェイスパックは、美容液を浸けると思って良いでしょう。
ですから、洗顔後に化粧水を浸けてから装着します。
フェイスパックを着けて15分くらい経過したら、顔から外してください。
その後に美容クリームなどを塗る必要はありませんが、乾燥がひどい時や小じわが気になる時、毛穴が目立っていると感じている時には、スクワラン入りの乳液などを浸けても良いでしょう。

これで、肌の調子が上がり、赤ちゃんのようなふっくらした素肌になれます。
忙しくて睡眠不足という時にもおすすめですよ。

トップに戻る